未来を拓く次世代育成アートマイル国際協働学習

アートマイル壁画プロジェクト

アートマイルは、多様な文化背景を持つ同世代と協働的に学び合い、学習の成果物を共創する活動を通して、今社会で求められている『決まった答えがない問題を多様な他者と対話的・協働的に解決する力』『無から新しい価値を生み出す力』を育てる国際協働学習です。
ジャパンアートマイルは2006年度より日本と海外の学校を繋いで「アートマイル国際交流壁画共同制作プロジェクト」(文部科学省・外務省後援、JICA協力)を実施しており、これまでに67国の地域と地域から、1,277校 43,906名の児童生徒がこの国際協働学習に取り組みました。

「2018年度アートマイル国際交流壁画共同制作プロジェクト」

2018年度の「2018年度アートマイル国際交流壁画共同制作プロジェクト」(文部科学省・外務省後援、JICA協力)には、22の国と地域から96校 3,814名(日本2,377名、海外1,437名)の児童生徒が参加しています。

2018年度アートマイル国際交流壁画共同制作参加校ペアリスト

<22の参加国・地域>
アメリカ、インド、インドネシア、ウガンダ、エチオピア、オーストラリア、ガーナ、カナダ、サウジアラビア、スイス、スリランカ、台湾、タンザニア、デンマーク、日本、ネパール、パキスタン、フランス、ペルー、マラウイ、メキシコ、ロシア

ビデオ:「アートマイルとは」

2016年12月にパリのユネスコ本部で「アートマイル壁画展」(ユネスコ日本政府代表部共催)を開催したときのスピーチです。塩飽理事長がアートマイルの意義について語っています。


2017年3月にカナダで開催されたユネスコ国際会議 “UNESCO Week” でJAM理事長が受けたインタビューとカナダのアートマイル参加校によるプロジェクト紹介です。(制作者:Mr. Roland Jahnke 国連組織国際コンサルタント)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般財団法人ジャパンアートマイル All Rights Reserved.